研究内容

 研究の内容と目的




 最近の研究テーマの例



交通施設の安全性と効率性の評価と空間設計

 ・自転車走行環境の評価と多様な交通主体の混在空間の設計
 ・車道型自転車走行空間の利用実態に関する研究
 ・大型商業施設駐車場における歩行者の安全対策に関する研究
 ・ラウンドアバウト交差点における交通流特性と安全性に関する研究

都市空間・都市構造の分析と評価

 ・都市デザインからみた街路空間の構成に関する研究
 ・防犯・安全・景観を考慮した夜間街路照明のあり方の再検討
 ・茨城県の都市構造特性と生活環境・環境負荷に与える影響分析

地域公共交通の維持・活性化

 ・需要対応型の新たな地域公共交通システムに関する研究
 ・地方中核都市のバスサービスに関する政策論的研究
 ・LRT導入とサービス水準が沿線に与える影響に関する研究

交通システムの環境影響と災害時対応

 ・国際航空交通における上空通過機問題と気候変動対策
 ・大規模災害時の救援救助活動を支える空港の運用方法

他にも,観光政策,交通安全教育,高齢者の外出行動,公共交通の財源など,多様な研究テーマに取り組んでいます.




研究成果(卒業,修士,博士論文)

*学術雑誌への掲載論文,学会発表論文などは教員のページを参照(メンバー


平成28年度
■博士論文:
利用者位置から検索する地図型バスロケーションシステムに関する研究

■修士論文:
バスロケーションシステムの導入が路線沿線企業に与える影響に関する研究
屋上部に着目した景観シミュレーションに基づく都市型眺望景観の改善効果
航空機遅延の波及現象の解析と空港整備事業の評価手法に関する研究
羽田空港における滑走路使用効率の実態と向上策に関する研究
日常生活における移動意識と理想の移動に関する研究

■卒業論文:
狭隘な生活道路における通学の実態と住民の改善意識
東海道新幹線途絶を想定した航空代替輸送の需要量推計と臨時便設定に関する分析
車道通行自転車の進路変更時における交通規則と安全挙動分析
坂道に着目した健康づくりのための歩行に関する意識分析
滑走路と駐機場を考慮した災害時の空港容量評価シミュレーションの開発
子供を対象とした自転車交通安全教育の位置づけ
地域公共交通網が生活の質に与える影響に関する研究 -茨城県阿見町を事例として-
隊列走行の長編成化に対応した高速道路合流部の運用に関する研究
利用者行動のシミュレーションによるサービスエリア駐車位置評価に関する研究
免許返納率の改善状況による市町村分類に関する研究


平成27年度
■修士論文:
圏域間と圏域内の関係性に着目した航空ネットワークの持続可能性に関する研究
バス路線網再編後の利用意向を把握するためのデプス・インタビュー調査手法の開発―水戸市をケーススタディとして―
サイクリングロードの現状および計画に向けた一試論
茨城県における外国人によるゴミ出しの実態と改善策

■卒業論文:
生涯移動に着目した人口移動と定住に関する基礎的研究
大型商業施設駐車場における退店歩行者の行動モデルの構築に関する研究
移動から見た理想の生活行動に関する研究
東京都市圏における搬出搬入条件を考慮した物流施設の立地場所選択モデルの構築
東海道新幹線途絶を想定した航空代替輸送の需要量推計と供給力拡大方策に関する基礎的研究
利用者に対するバスロケーションシステム導入効果の調査手法に関する研究
生活道路における歩行者・自転車・車の交通改善方策に関する研究-水戸市道千波2号線をケーススタディとして-
気象条件に着目した滑走路処理容量の変動特性に関する研究
買い物行動に着目した高齢者の外出促進に関する研究
上空通過機問題と排出量取引を考慮した日本出発機の運航コスト分析


平成26年度
■修士論文:
大型商業施設駐車場における歩行空間の安全性評価に関する研究
住宅地における照度と視認性に着目した光環境のあり方に関する基礎的研究

■卒業論文:
鉄道事業者の災害リスクファイナンスの取り組み実態と公的負担制度に関する研究
バスロケーションシステムに対する事業者意識に関する研究-全国の路線バス事業者及び自治体を対象として-
都市型眺望景観における景観要素の抽出 ~水戸市を対象地として~
理想の移動に関する基礎的研究
大規模災害時の空港運用方法と容量に関する基礎的研究
障害者の観光時における公共交通利用に対する支援方針の提案 -大洗町を対象として-
東京都市圏における物流拠点の輸送・立地特性に関する研究
ウォーカー・ランナー・サイクリストが混在するレジャー交通の実態分析
ラウンドアバウト交差点における横断歩行者と車種が交通容量に与える影響に関する研究
離着陸順序の実態からみた滑走路容量算定手法に関する研究 ~成田国際空港を対象として~
運転免許自主返納制度の普及に向けた支援制度の在り方に関する研究 -茨城県を対象として-
自転車-歩行者間の追い越し・追い越され事象における当事者意識GAPと交通コミュニケーション方法に関する研究

平成25年度
■修士論文:
「らしさ」に着目した銀座の都市デザインの継承に関する研究
DRTサービス運用が生活の質に与える影響に関する研究-予約取りやすさを中心として-
心拍間隔を用いた自転車利用者のストレス計測手法の開発と通行環境評価

■卒業論文:
地方都市における地域特性に応じた鉄道利用促進のための土地利用に関する研究
大学と自治体の地域連携に関する体験的研究-茨城大学とS市の戦略的地域連携プロジェクトを事例として-
我が国からの国際線出発機と上空通過機のコンフリクト分析
茨城県の市町村を対象とした年齢構成バランスと人口移動の分析
生活道路におけるゾーン30規制が高齢者の外出意欲に及ぼす影響に関する研究
高齢歩行者を対象とした交通安全セミナーの実態把握と参加促進に関する研究-茨城県の交通安全セミナーを事例として-
国内航空路線の撤退が地方間移動に与える影響に関する分析
ラウンドアバウト交差点における横断歩行者が交通流に与える影響に関する研究
協賛主体としての企業から見た路線バスの運行に対する価値評価方法の検討
水戸市におけるバスサービスの実態と診断に関する研究
車道型自転車通行空間における利用実態と意識の昼夜間比較分析 -国道463号線「埼大通り」をケーススタディとして-

平成24年度
■卒業論文:
大型商業施設駐車場の横断箇所における安全対策に対する歩行者の意識に関する研究-イオンモール土浦をケーススタディとして
福祉移送サービスの事業形態別にみた課題と連携の可能性に関する研究―茨城県北部地域の民間事業者とNPOとの比較―
行動調査のための口述録音調査法の開発と商店街利用者の行動実態
セグウェイの特性分析と共存条件に関する研究
中心商店街における高齢者の行動実態
街路照明環境を再検討するための基礎的研究‐照度と視認性の関係
非分離道路における交通安全対策と移動困難者の外出意欲に関する研究

平成23年度
■修士論文:
住民主体の活動の普及と継続性を高めるための公共交通活性化策のあり方に関する研究-茨城県内を事例として
東日本大震災における日立市の避難生活の実態と大規模災害に関わる新たな避難対策の提案
心拍間隔指標を用いたストレス計測に基づく自転車走行空間評価に関する研究

■卒業論文:
理想的な活動から住民の潜在的な都市へのニーズを抽出する試み
テキストマイニング手法による市民ニーズの定量的把握と可視化に関する研究~日立市市民意識調査をケーススタディとして~
STS導入による歩行阻害要因の負担軽減効果の定量的評価に関する研究
自転車走行空間に係わる三つの評価手法の適用性に関する研究-BCC・満足度評価・ストレス計測手法の比較
大型商業施設駐車場の歩行経路選択から見た安全性意識に関する研究-イオンモール水戸内原をケーススタディとして
都市の将来像の共有を目的とした Virtual Reality手法の可能性
高齢者の外出意欲を高めるためのイベントの特性に関する研究
DRT運行記録を用いた需要特性の把握に基づく運行形態の適用可能性に関する研究-茨城県阿見町をケーススタディとして

平成22年度
■卒業論文:
福祉交通サービスの利用者属性と事業課題の地域間比較に関する研究
Bicycle Compatibility Checklist の改善と先行事例の評価
次世代コンパクト交通手段の特性分析と適用性に関する研究
地震火災からの避難を想定した都市におけるオープン・スペース確保に関する研究
安全安心意識に着目した自動車依存理由の分析
大型商業施設の駐車場の歩行空間における利用者の安全性・快適性意識に関する研究
路線バスとの乗り継ぎを考慮したデマンドタクシーの導入効果に関する研究

平成21年度
■修士論文:
住民参加による歴史資産の保存と維持管理に関する研究―島根県松江市における歴史資産をケーススタディとして―
買物需要分布の実態把握に基づく中心商業地の適正規模に関する研究-茨城県水戸市を事例として-

■卒業論文:
移動制約者の多様性に配慮した移送サービスの実態と需要の把握方法に関する研究
コミュニティ活動への男性の参加・定着の促進に関する研究―地域福祉事業のリーダー育成を目指してー
通院帰宅時における交通の実態と意識に関する研究
アンケート調査を用いた自転車走行空間の交通主体別評価に関する研究
住民主体のモビリティ・マネジメントの組織的な実施方法に関する研究 ―阿見町コミュニティバス・企業通勤バス社会実験をケーススタディとして―
夜間光環境に着目した歩行者の経路選択構造に関する研究
心拍間隔指標を用いた自転車走行空間のストレス計測手法の構築

平成20年度
■修士論文:
利用者属性を考慮した生きがいづくり支援活動の参加者促進策に関する研究 -移動環境の改善を中心として

■卒業論文:
自転車利用者の満足度を用いた自転車通行環境の評価
自転車挙動に影響を与える要因に関する研究
都市近郊における郊外開発型住宅地の持続可能性に関する研究
学区コミュニティによるモビリティ・マネジメントの可能性に関する研究-日立市諏訪学区公共交通委員会の利用促進活動を目的をケーススタディとして
心拍間隔指標を用いたストレス計測による自転車走行環境評価に関する基礎的研究
デジタルカメラを用いた簡易的な明るさ測定手法に関する基礎的研究
地域公共交通ニーズ把握における参加型手法に関する研究